毛穴の悩み別対策

毛穴は、常に奥にある皮脂腺から皮脂を分泌し、体表面に油成分を出すようにしています。ですが、この皮脂は正常な分量であるときには肌のうるおいなどを作るのに役立ちますが、時に毛穴の開きと黒ずみの原因となってしまうこともあります。皮脂が必要以上に肌表面に分泌されてしまうと、毛穴が押し開かれてしまいまうため、詰まりや黒ずみを起こしやすくなってしまうのです。
また、「オイリー肌」と呼ばれる状態のように皮脂が必要以上に肌表面にあるときには、なんとなく肌はべとついた状態となり化粧崩れやテカリといった症状を引き起こします。また、脂分が過剰となっている肌にはホコリなどの汚れが付きやすく、これが付着したまま酸化を起こすと毛穴に詰まってニキビなどの肌トラブルの原因となってしまいます。
肌についた外部からの汚れは、肌表面の皮脂によって固められ肌の代謝によって剥がれるはずだった古い角質と一緒になります。この状態のとき毛穴が大きく開いていると、固まりを作って詰まりの状態を起こしてしまいます。毛穴につまった角質のことを特別に「角栓」と呼ぶこともあり、毛穴パックなどを利用すると白くプツプツとくっついている物になります。角栓がさらに酸化を起こすと黒く変色するので、これが毛穴の黒ずみを作り出します。角栓による毛穴の黒ずみを「黒にきび」ということもあります。
紫外線によってメラニンがつくられ黒ずみが目立ってしまっている場合や、たるみから毛穴に影ができることでも黒ずみは生じます。